新経絡治療(バランス鍼法)について

氣のバランスを整える、新経絡治療


「氣」とは体内にある電気であり、生命のエネルギーそのものです。

健康であるためには、こうしたエネルギーが体を円滑に流れていることが欠かせません。

ですがストレスや過労等が原因となり、体内の「氣」が滞ったりすると細胞の働きが低下し病気になりやすくなります。

 

「氣」が動けば「血」が動く。とは東洋医学の重要な考え方です。

「氣」の流れを整えるだけで痛みが緩和して、細胞や臓器の営みを正常に整えることができるのです。

 

天心治療院では、氣のバランスを整える事に焦点を置いた、独自の「新経絡治療(バランス鍼法)」を確立し、治療を長年行っています。早いもので「新経絡治療(バランス鍼法)」の原稿を起こしたのは、1990年出版「医道の日本」26年も前の事です。「新経絡治療」を正しく理解し、実際に医療の現場で活用している仲間で、意見交換や勉強会も実施していますので、ご興味がある方は「治療家の方へ」をお読みください。

 

東洋医学研究所 天心治療院

院長 近藤哲二

 


↓こちらもご覧ください