患者さんの声


Y ・Sさん 女性 35歳


平成27年10月のことでした。突然の頭痛と目眩、右眼底の激痛。

5分程で、何事も無かったように終わったのですが、翌日、右目で見ると、あちこち見えなくなっていました。慌てて病院に駆け込み、眼底出血と診断され総合病院を紹介されました。病名は右眼網膜静脈閉塞症と診断され、処置の後、一時回復したのですが、一ヶ月後に薬の副作用により網膜裂穴を発症し、レーザー手術、注射を何度か処置して頂きました。

その間に早期緑内障も見つかり、同時進行で治療中です。ずいぶん悩みました。そんな時、知人の紹介で、天心治療院を知りました。部分的な病気だけでなく全身を治療改善すると言う東洋医学的な考え方にひかれました。

言われるままに氣代謝指導でカプセルに入ったり、新経絡治療として鍼を打ったり、足首を回したりしているうちに、根本的なストレス、体の不調が軽減して行きました。更年期特有の症状もずいぶん楽になり、体のスミズミの詰まりが少しずつ流れて行くかのように、血液検査での肝機能も改善。そしてね20前後あった眼圧も16~18と下がって行きました。

ティータイムには知人から頂いたヒノキ茶を飲み、治療院1Fで購入したお野菜を食べ、カリカリしていた2年前とは全く異なった、ゆとりある人間らしい生活をしています。予防医学、これからはそちらに重きをおいた生き方をしていこうと思っています。カプセルも鍼も、本当におすすめですよ。試してみてください。

 


M.Mさん

 

我が家はいつも「困った時の天心頼み」です。 調子が悪いけれど、何科を受診したらいいのか分からない時、 お医者様にかかっても、なかなか薬が効かない時、 とりあえず天心に伺います。 もう、十年くらい前になりますが、つわりの時、行く時は水も飲めず、 歩くのもしんどいのに帰りはすたすた歩いて自分で運転して帰りました。 毎週のように通っていたので、入院出来たらと思ったくらいです。 妊娠後期の腰痛やお腹の張りも楽になって、治療後、一瞬妊娠している事を忘れ、 「あれっ、赤ちゃんはどこ?」ってお腹に思わず手を当てたのを覚えています。 極めつけは電話の遠隔治療。 友人に紹介された時は不思議で仕方ありませんでした。 でも、どうして良くなるのか分かりませんが、とにかく楽になる。 今では旅先や休日に突然子どもが発熱したり、しんどくて病院に行けない時… めまいや吐き気などの時は特に助かります。とりあえず先生に電話しています。 つい先日も風邪を引いた子どもが、お医者様にもらった薬を飲んでもすぐに効かず 頭と喉が痛くて、とにかくしんどいから天心に電話してと言って来ました。 電話口で先生に 「指示した通りにすれば、眠くなると思う。眠って起きたら楽になっていると思うから」と言われましたが、 まさにその通りでした。 いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

 


 

K,Nさん

 

私の人生を変えた天心治療院 私は一級障害を持つ64歳のリウマチ患者です。 32歳の時に発病したリウマチを抱え11年前に主人の故郷、小豆島に転居しました。 その引っ越しを手伝ってくれた姉が突発性難聴になり、色々な治療の末、 気の流れを良くする治療院を探していたところ、 主人の幼馴染が「岡山に気の流れを整える良いところが有るから行ってみたら」と勧められてくれた。 今まで良いと聞けばどんな遠方もいとわず出掛けていたので、早速姉と連れだって岡山へ・・・・。 その時点ではあくまで姉の付き添いだったので待合で待っていると、「ちょっと説明しますのでこちらにどうぞ」と先生に招かれた。その時の私の歩く様子を見て「どうしたの」「私、バリバリのリウマチ屋なんです」「リウマチも楽になるよ」と。そんなこんなのやりとりで私も治療台に。・・・・・。 棒を持って横になっているだけの、何とも不思議な治療に半信半疑だったが、治療台から降りて歩いたら・・・・。あら不思議!足の裏が痛くない!身体が軽い!・・・衝撃だった。(これは効く!)すぐに実感できた。 以来、先生からの宿題(指回し)を真面目にやり、今では島の婆ちゃん達に「この頃うまげに歩きよるなあぁー。元気になったなぁー」と嬉しい言葉をかけてもらっている。 通い始めてかれこれ10年、長い間行かなくとも先生は何時も、誰にでも、 優しく暖かい。又、必要が無ければ「忘れた頃に来たらいいよ」と潔い。 治療成績もさることながら、そんな雰囲気がとても素敵だと思っている。 治らないと思っていたリウマチの痛みから解放されただけでなく、近頃では「健常者になれるかも」と思えるほど楽な毎日を送らせてもらって感謝している。天心は私の人生を変えてくれた治療院‼ ありがとうございます。近藤先生長生きして皆の面倒を見て下さいね‼

 


S,Yさん

 

天心治療院に出会わなかったら、こんなに元気で国内外の旅行を楽しめる70歳代の生活はなかったことでしょう。 感謝あるのみです。  治療院との出会い  70歳を過ぎて仕事も辞めたころ、ベットから降りてすぐ一歩を踏み出せず、立ち上がるまでに時間がかかり、 痛くって歩くのが辛くなりました。マッサージに行ったり、湿布をしたりしましたが一向に良くなりません。 意を決して総合病院の整形外科の診療を受けましたら「脊柱管狭窄症」と診断され、手術しかない・・・といわれました。  元気でおられる後10年ほどの年月の中で、ベットに縛られる病人生活は嫌と思いました。 医師と話し合って飲み薬で様子を見ることにしました。 しかし、痛みは消えず悩んでいましたとき、 友人が「追突された弟の首の痛みも痺れも取れて後遺症なしの鍼治療」と天心治療院を紹介してくれました。  藁にすがる思いで近藤先生の鍼治療を受け始めました。先生が瞑想状態で診察してくださっている間、私も祈っていました。  少しずつ効果が見られ、痛みが消えていくことは嬉しいことでした。 1週間に1回が2週間に1回、そして今は月に1回の通院になりました。  1年半ぐらい経ったとき、身体全体がふわっと楽になっていることに気づきました。 身体全体が改善され心身共に健康になった!と実感しました。嬉しかったです。 周囲には本当に多くの人々が、身体のあちこちの痛みに悩み、 不自由に生活されています。 私は痛みなく歩け健康なのが嬉しいものですから、 天心治療院のことを話して勧めます。 「え、鍼?」「検査なしで解るわけない!」とか、反応はさまざまです。 しかし、信じて飛びついて近藤先生の治療を受けた人からは感謝されております。 あるとき、私が訴えていないのに先生が「胃が悪いな。」とポツンと言われるのにびっくりしたことがありました。 以前から東洋医学に関心を持っていましたが、 先生をより一層信頼する切っ掛けとなりました。 紹介した人の中には、短期間で完治して卒業された知人もいますが、 私は身体の定期点検のつもりで、 旅に行く前とか後に先生との会話と先生が作られる無農薬有機栽培の野菜を買うのが楽しみに通っています。    

   


 

H,E さん 

 

加齢、膝の使い過ぎによる変形性膝関節症の為、膝関節内にのう胞が出来、腫れて痛みが出、整形外科医に手術を勧められていました。 手術をするかしないかと随分悩みましたが、天心治療院を勧められ、思い切って治療をしていただくことにしました。 加圧カプセルに20分入った後、鍼灸治療をして頂くと、膝の腫れが次第に引き、痛みが日を追うごとに少しずつ消えていきました。家では足に筋肉を付けるために、ストレッチもおこなっておりました。 時には杖をついて歩いていた状態から、今ではサポーターも外すことが出来、足の裏で土をとらえて、しっかり歩いております。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。   

 


F,Kさん

1999年8月生活習慣病検査にて、検便に潜血反応が認められ、再検査通知を受け取りました。 その当時、痔を持っていたので、痔の為だろうと軽く考えていましたが、 念のため腸内部のカメラ検査したところ、 肛門から約5㎝付近に大きなポリープがあり、組織検査の結果、癌と宣告を受けました。 常々、家内にはガンになっても内緒にして欲しいと言っていましたが、 担当医から直接宣告を受ける結果となりました。

他の病院(ガンセンター)でも検査を受けましたが同じ結果で、 早い時期での手術を勧められましたが、 医学的にはポリープの位置から判断すると人工肛門になる確率が高いことも告げられました。

人工肛門になると船では働けないのではないかと思い、 手術をせずに治せる方法はないかと探していましたところ、 お世話になっている知人から天心治療院を教えて頂き、 家内と小豆島からフェリーに乗り治療院に行き治療を受けました。 治療後に大きな体調の変化は感じませんでしたが、何か身体に感じるものがあり、 約一ヶ月間の間、毎週通院しました。

10月に高松市民病院で左腹部に人工肛門の位置を決める手術に望んだところ、 驚いたことに、ポリープが小さくなり、 親指大のサイズになっていたため、肛門からの摘出となり、人工肛門にはならずに済みました。 天心治療院の近藤先生には家内が直ちに手術結果の連絡をしてお礼を述べました。

術後2週間で退院し、退院後は天心治療院でケアーをして頂きました。 その後はホームドクターとしてお世話になっており、乗船中は電話で遠隔治療をして頂き、 気の流れを整え元気に働けています。休暇で下船時には、何はさておき治療院に通い、 体調に合った気を整える指回しの宿題を頂き自分の自己管理を行っています。

2007年に親父が脳梗塞で倒れた時は治療院に行けないので、 電話指導にて体が回復する”指回し”の指示を仰ぎ、 ベッドに寝たきり状態の親父が回復する指を指定してもらい、 手足の指を家族、知人が交代で回していました。 すると、連続的に出るシャックリが2週間で止まり、 苦しみが無くなり本人も楽になりました。 最終的には左手足には若干の後遺症は残ったものの、 奇跡的に歩けるまでに回復むしました。

このように我が家では長年家族そろって天心治療院にお世話になり、 何時も助けて頂き感謝しています。 本当に有り難うございます。


N,Aさん

 

透析歴かれこれ23年、同時期より、BMDシステムの商品に助けられている現在です。 さらに、天心治療院に通院してお世話になっています。 BMDの商品は飲料水、食品、化粧品、洗剤等を使用し、 さらに、自家菜園ではBMD農園の資材を使用しています。 余談ですが、BMDのミモレ農園に行ってビックリ。 野菜等が小鳥に食べられて葉っぱが無くなり、茎だけになっているところがありました。 ですが、隣の畑は全くの被害なし。 栽培方法が有機肥料・無農薬でのBMD農法だから鳥も解るのでしょう。

治療に関してですが、特に私には薬のアレルギーが大変多くて悩んでいましたが、 現在では最低限の薬で充分間に合っている現状です。 天心治療院の院長先生の指導のもと、体力のあるかぎり、 自分の力と努力で回復出来ると教えて頂き実行している毎日です。

外出時には必ずBMD商品のヒノキ茶を持参しています。 インフルエンザーも風邪も引かない状態です。 これもひとえに、BMDシステムの健康食品と、天心治療院の治療のお陰と、 何時も心より感謝しております。


I,Yさん

 

私がはじめて天心治療院で、治療を受けたのは今から20年ほど前のことです。 私はいろいろな場所で身体に静電気が起こっていることに気付きました。 スーパーで豆腐を買おうと手を伸ばすと、パチパチと火花がでる、 エレベーターでボタンを押すと、パチパチ、 車から降りてドアを閉めるとパチパチ、どうしていいか困っていたら、 娘が、天心治療院へ行って診てもらったら、と言ってくれました。 早速天心治療院で、近藤先生に診てもらいました。 どのくらい通院したか覚えていませんが、いつの間にか静電気が起こらなくなっており、 体調も良くなりました。 5年間は何事もなく過ごしていましたが、また、身体の一部に不調を感じるようになり、 近藤先生に診て頂こうと、天心治療院に行きました。 先生に気が溜まっているところを調べてくださり、治療してもらいました。 今は一ヶ月に一回身体のメンテナンスをして頂いています。 75歳の私が、畑仕事・運動・趣味と毎日元気で生活できるのは、天心治療院のお陰と感謝しております。 これからも、どうぞよろしくお願い致します。

 


M・Kさん     

 

私は7年前「乳がんを宣告されました」自分でシコリを発見して受信したものの、 良性の疑いと言われました。 しかし、その後もシコリは大きくなり、別の病院で検査をしたところ悪性のガンと診断されました。 シコリは5センチ以上になっていて、初期段階は過ぎていました。 とりあえず抗がん剤治療が半年行われました。 藁をもつかむ思いで、天心治療院に通い続けました。きつい抗がん剤治療でしたが、 先生が免疫力を高める施術 をしてくださったおかげで、激しい副作用も無く、ガンはどんどん小さくなって行きました。 6ヶ月後には2センチほどになり、さらに、全摘の予定だった乳房も温存することが出来ました。 心配なのでリンパ節だけは取ることになりましたが、リンパ節も2割残すことが出来、 腕の腫れ等の後遺症もほとんどありませんでした。  

 

その後も月に一度、小さな異常を取り除くメンテナンスをして頂きました。 お陰で手術後のホルモン治療も全く 副作用がありませんでした。現在、薬の服用も無くなりましたが、定期的に天心治療院を受診しています。 もちろん、温泉に行っても気にすること無く楽しむことが出来ています。 食べ過ぎると注意されるほど元気になりました。天心で治療して頂ける安心感からでしょうか? 私の病気の他にも、主人の不眠症や腰痛、息子のアトピーやスポーツによる怪我など、 我が家にとって先生は万病のホームドクターです。 先生をはじめスタッフの方々の明るいトークにも元気を頂いています。 これからも、どうぞ宜しくお願い致します。

 


C.Kさん

 

只今とても充実した日を過ごしています。 それは、この予防医学のあることを皆様にお伝えできるチャンスを頂いた からです。私がこの事知ったのは十年前、親しくしていた尊敬できる先輩に勧められたのです。 幾ら勧められても、その方を信頼していなかったら、足を運ばなかったと思います。 色んな面で我が家を助けて下さい、 家族揃っての付き合いでしたので安心して勧められるままに受信した訳です。

 

当時、私は軽い脳梗塞になった事をその先輩にお話致しましたところ、 「一度天心治療院へ行ってごらん、頭の先から足の先まで全身を見て下さるから」と言われたのです。  初めて耳にする所でしたが、この先輩が「連れて行ってあげる」と言われたので不安も無く受信できました。 余り良く解りませんでしたが、暫く通院したように思います。 しかし、体調が良くなるとすぐ足が遠のいてしまう私ですが、 体調が悪くなると思い出したように天心治療院へと足を運んでいます。 そんな我が儘な私ですが、先生を始めスタッフの皆様も気持ちよく迎えてくれるのでとても行き易いのです。  何時だったかは忘れましたが、夜中にお腹が痛くなり、 夜明けを待って総合病院へ行きましたところ、尿路結石と診断され、 暫く様子を見られますかと言われたので、この待つ間に天心治療院へタクシーで行きました。 そこでは、「大丈夫ですよ、尿と一緒に出るようにしてあげるからと言われ」 何時もの治療をして頂くと、痛みが和らいだので、 今度はタクシーに乗らず歩いて総合病院まで帰ることが出来ました。 そして、少し経った時、トイレに行くと石が出たのです。 その時嬉しかったこと、嬉しかったこと。と言いますのは私の尿路結石は三度目だったのです。 前の二回は、この総合病院で粉砕治療にて出して頂いたからです。  

 

この他にも色々話して頂いたので、私を信頼して下さっている方には次々とお知らせしております。 行かれた方は良かったと感謝して下さるのですが、お知らせしたくとも言えない方もおられます。 それは、治療費の問題があるから嫌がられるかもしれないと思って! たいして悪くも無いのに予防医学の治療を受ける余裕は、なかなかだろうと思うと遠慮してしまいます。  しかし、今年七十歳を迎えた私は一人でも大勢の方々に、お伝えする方法はないものかと思っていた時、 このチャンスを頂いた訳です。この、不安定な社会の中、健康維持が一番の願いです。 この、願いを叶えて下さるのが予防医学をモットーとしておられる「天心治療院」だと私は思っています。 私も、裕福ではありませんが海外旅行に行ったつもりで治療費に当てていおります。 どうでしょうか!そのように考える方は一年位を目標に治療されて見られませんか。 この度は、有り難うございます。

 


S:Yさん

 

私は腰痛、高血圧、逆流性胃炎を患っています。整形の先生が手術をと言われていました。 腰痛の手術をされた方にお聞きしましたら、「せんように、治らんぜ」と言われ私も嫌なのです。 私は歩行は出来ますが間欠性歩行で少し歩くと痛くなり歩けなくなるびょうきなのです。 手術を断念し困っている時、息子から天心治療院へ行ってみようと誘ってくれました。 遠いのですが通院することになりました。 初めて行く電車では5時間位の間、座り直したり、足を伸ばしたりと難儀でした。 治るのだと思い続けて行ったのでした。 そして、先生の治療を受けて、帰る電車は痛みが和らぎ楽に帰ることができ、 ホントに不思議と驚きました。 家では貼って貰ったハリを大切に保護し「揉まない鍼」のメモも、 灸をするポイントを下ろして貰い灸も毎日毎日努めて励行致しました。 私は両足の裏が「銅板を貼ったようように」シビレがひどくなっておりましたが 徐々に改善を実感しておりました。 治療回数3回で、今は歩行も以前より楽に少しずつ長く歩けるようになりました。 いやな胸のつかえも取れ、血圧の安定も見られてきて大変良かったと実感致しております。 お陰様でもっともっと改善し喜びの笑顔が増えて来ると確信しています。 ありがとう御座いました。